スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

381系くろしお・王子ヶ浜インカーブ

2015.12.03.Thu.16:36
1-06304.jpg
2015/10/23 68M ヒネHD604編成 新宮~三輪崎

先々月末に引退したヒネとフチの381系。国鉄特急型伝統のこの顔をした電車ですが、定期列車ではやくもを除いて見られなくなってしまいましたね…
寄る年波にいよいよ限界も近づく国鉄特急型。残る仲間も後悔しないよう記録していきたいです。
スポンサーサイト

105系春日色・浦神俯瞰

2015.10.29.Thu.01:27
1-06211.jpg
2015/10/22 2332M ヒネSW013編成 紀勢本線 下里~紀伊浦神

381系くろしおがまもなく撤退するとのことで訪れた紀勢本線の西日本末端区間でしたが、単色化の進行によりのこり1編成となった春日色の105系、SW013編成がSF編成の代走をしていたので、これも381系とともに腰を据えて撮影することにしました。
熊野灘を望む海沿いの線路を、遠景からでもよく目立つ春日大社の赤色カラーに身を包んだ元首都圏の通勤電車がのんびりと走ります。国鉄末期に採用されたこの塗装ですが、105系という車両にマッチしているとともに、写真栄えもするなかなかよい色だと思います。仕方のないことですが、無くなるのは残念ですね…

103系スカイブルー・第一滝畑踏切

2015.07.19.Sun.22:15
DSC03965-1.jpg
2015/7/14 2306H ヒネHK606編成 阪和線 紀伊~山中渓

朝の阪和線優等運用につく、30N更新統一・6連高運クハ先頭の103系。
夏至近辺しか撮影できないなかなか難しい撮影地で、無事その姿を捉えられました。
関東在住鉄としては、京葉線を彷彿とさせる光景。2015年にもなってまだ見ることの出来る阪和線は貴重な場所です。

103系ウグイス・大正バルブ

2015.05.14.Thu.00:53
DSC02331-1.jpg
2015/3/17 2470Y ナラNS402+NS404編成 大阪環状線 大正

1ヶ月ブログを放置してしまいました。晴れないのもありましたが、大学の新学期がとても忙しく、特に四月中はほぼ撮り鉄しておりません。(笑)
今改正からだいぶ運用が変わった環状線を行く4+4のウグイス8連。夜の部では、新今宮でバルブできなくなったものの、代わりにこの大正でバルブできるようになりました。
いよいよ環状線や阪和線に新車投入の告知がされました。この奈良区の103も予断を許しません。後悔しないよう、もっとコマ数稼いでいきたいです…

103系スカイブルー・浅香駅

2015.03.18.Wed.23:54
DSC02291-1.jpg
2015/3/17 653H ヒネHK610編成 阪和線 浅香

夕方の大和川を行くスカイブルーの103系。半面気味で良い感じです。
ちなみに編成は、阪和線唯一の、体質改善車が組み込まれていないK610編成。両端クハが延命NA、中間車が延命N40施工のため窓サッシの色こそ違いますか、ベンチレーターもあり、雨樋もそろっていて統一感があり、きれいですね。

475系新北陸色・東富山ストレート

2015.03.13.Fri.10:45
DSC01020-1.jpg
2015/2/16 427M サワA15+A27編成 北陸本線 東富山~水橋

最後の急行型電車として、北陸に残り続けていた475系。本日をもってついに引退です。
シールドビーム車よりもデカ目が多数を占め、晩年まで全盛期を彷彿とさせる姿で走りつづけたことが、ある意味奇跡なのかもしれません。
明日は北陸新幹線開業という明るい出来事もありますが、北陸本線は三セク化され、特急街道から一ローカル線が走る地域となってしまう北陸地区。これも時代の変化なのかもしれませんが、やはり悲しいです。

C-41編成・藤井川橋梁

2015.02.25.Wed.10:35
DSC01134-1.jpg
2015/2/19 1738M セキC-41編成 山陽本線 東尾道~松永

岡山方面への運用に入ったC-41編成。朝のやわらかい日差しを受け東へ走ります。
残り1本の瀬戸内色。西は下関から東は岡山まで、未だロングラン運用をこなします。
国鉄時代、115系3000番台落成とともに登場したこの塗装。1つ前の記事の福塩色とともに、絶滅間近です。

105系福塩色・福山平成大学裏のストレート

2015.02.23.Mon.16:39
1-01158.jpg
2015/2/19 249M オカF01編成 福塩線 道上~万能倉

旧型国電置き換えの頃から採用されている福塩色。残るは105系トップナンバーのF01編成のみです。
単色化が進む西の鋼鉄車。その波を受け、失われてゆく塗装もまたあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。