FC2ブログ

大村線・千綿俯瞰

2018.09.03.Mon.20:01
DSC07852-1.jpg
2018/9/2 3221D キハ66・67-1+キハ66・67-110 大村線 千綿~松原

生まれてこの方ずっと横浜の実家に住んでいた私ですが、晴れて新卒社員となった矢先に配属された先はまさかまさかの福岡県。7月頭より初の一人暮らしを横浜より約1000キロ西で営み始め、ようやく慣れつつある今日この頃です。
撮るものがないと皆が喘ぐ首都圏と比べると2018年のご時世にしては割りと良さげな被写体が散見される九州。私がそう感じている一つがこの国鉄急行色を纏う大村線のキハ66・67です。
4番のユニットが廃車になり現存するのは計14編成ですが、その中で急行色は2編成。朝を中心に2ユニットを繋げた4連の運用が何本かある、ということは目玉運用は必然的に急行色4連…ですが、意外に多い運用数からくるそもそもの確率の低さと組みそうなときに限って発生するという突如の差し替えにより年に数えるほどしか急行色4連は走ってくれません。
そんななか夏も終わりに差し掛かる9月頭の週末にこの組み合わせが実現。湾を挟んだ西海のほうに雲が多少沸いているものの、接近する台風の影響なのかまるで冬のように空気の抜けがよく海の色もクッキリ。定番の千綿・棚田俯瞰をなかなかの好条件にて履修となりました。

大村線・松原カーブ

2017.12.01.Fri.15:53
DSC03436-1.jpg
2017/11/27 3233D キハ66-1+キハ67-1 大村線 千綿〜松原

設計当時の近郊型気動車としては異例の転換クロスシートで設計されたキハ66。福北ゆたか線開業により筑豊から長崎地区へ移住してからというもの、風光明媚な大村湾沿岸を走り続けています。
全15編成が在籍する中、トップナンバーと110番ユニットの2編成が国鉄急行色に塗られ目玉となっています。この日は14時過ぎに佐世保を出る列車にトップナンバーのユニットが充当予定ということだったのでこちらの有名撮影地に赴きました。
カーブを曲がり幌の中に光が当たってきたくらいのタイミングでシャッターを下ろしましたが、ちょうど117系のような何とも言えない形状の側面窓が目立たなくなり、いい塩梅の写真になった気がします。

103系1500番台・九大学研都市面縦

2015.02.13.Fri.13:25
1-08196.jpg
2014/9/14 1687C カラE03+E04編成 筑肥線 九大学研都市

日没間際、ド正面からの光線なのに、架線影も出ないような超低位置の太陽に照らされ、九州フェイスの103系が走ります。
この快速唐津行きの幕もレアなようで…(コレ撮るまで筑肥線に快速があることすら知りませんでした)、なかなか面白い写真が撮れたのではないのかと思います。
九州鉄の知人に聞くと、このE03+E04編成も落ちたようですね。九州に残る国鉄型にも終わりが近づいているのかもしれません。

103系1500番台・生の松原東踏切

2014.12.21.Sun.11:30
1-08438.jpg
2014/9/16 630C カラE10+E9編成 筑肥線 今宿~下山門

九州独特の派手な塗装に身を包んだ、ここだけでしか見れない103系1500番台。
関東人としては、ものすごく縁遠い存在ですね(笑)
そろそろ置き換えが始まると耳にしました。
姿形はあれですが、中身は紛うことなき103系。最後の日まで頑張ってほしいです。

にちりん82号・平原踏切面縦

2014.09.19.Fri.09:11
1-08165.jpg
2014/9/14 9042M(にちりん82号) オイDo32編成 日豊本線 日出~大神

前日も同じ場所で撮影しましたが、見事に曇り…
リベンジをかけたこの日は、なんと朝からバリ晴れ!
前日山ほど確認した(笑)自分なりにベストと思う構図に構え、いざ本番… 怖いのはピン甘だけ…
そして現れた九州顔のクモハを、全開露出&バリピンで無事捕獲しました。

415系・杵築築堤インカーブ

2014.09.18.Thu.08:44
DSC08126-1.jpg
2014/9/13 4650M オイFo125編成 日豊本線 大神~杵築

この日の午前中臨時にちりんを別府界隈で撮影していましたが、80・81号とも曇り…
このまま何もしないのもあれなので、快晴予報の杵築へと向かいました。
到着当初は多少雲がありましたが、日が傾くごとに消えド快晴に!
日没30分前、ものすごいエロ光の中415系鋼鉄車がやってきました。