スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PT. KAI Commuter Jabodetabek JR 103・Duri駅南のストレート

2016.01.04.Mon.14:30
DSC04675-1.jpg
2015/8/10 2477 元ケヨE21+E20編成 環状線 Tanah Abang~Duri

あけましておめでとうございます。今年も「Saclassの撮影行」をよろしくお願いします。
ついにジャカルタの103系が落ちたという情報が年明け早々Twitterを賑わせましたが、2016年一発目の記事はこの103系から…
以前掲載した低運側は、Duri~ManggaraiのFeederに入れば、乾季は午前中、どこでも概ね順光の編成写真が撮れますが、高運側を順光で抑えるには、午後のTanah Abang・Duri界隈で構えるほかありません。
最初はDuri駅先で撮ろうとしましたが、Feederの車両はSerpong線側一番端のホームに入線するので、きれいに撮れないことが判明… 急遽Duri駅から南へ適当に歩いて行き、影が抜けるところを見つけたのでここで撮ることに。
バラック小屋が線路の両サイドに立ち並ぶ、半分スラムみたいなところだったのでおっかなびっくりカメラを構えていましたが、現地住民は皆、意外にも?私を気にも留めずスルーしていくので(私が東南アジアっぽい顔立ちだからかな?笑)、無事平和にバリ順の103系高運転台先頭の編成写真を撮ることができました。

追記:1/8にDepok電車区へ正式に廃車回送されたようです。気づけば譲渡から11年も経っており、よくぞここまで走ってくれたという感が強いですね。長らくの活躍、お疲れさまでした。
スポンサーサイト

PT. KAI Commuter Jabodetabek JR 103・Sudirman駅発車

2015.08.14.Fri.10:48
DSC04748-1.jpg
2015/8/13 2468 元ケヨE20+E21編成 環状線 Sudirman~Manggarai

8/9発、8/13着の日程で、初の海外遠征となるインドネシア・ジャカルタへ行ってきました。(現地にいたのは丸3日間)
数多くの譲渡車両がいる中で、一番撮りたかったのが、武蔵野線で使用されていた元JR東日本の103系。今となっては世界最後の103系戸袋窓残存車です。
しかし、出発直前に現地の方のブログを拝見すると、7月半ばにDepok車両基地に検査のため入場したとのこと。半ば撮影できるのを諦めていましたが、なんと到着する直前の週末に出場したようです。これはラッキー!
入場前の情報だと、朝夕のManggarai~Duri間の、Feederと呼ばれる運用に、ほぼ隔日で入っているとのことでしたが、滞在3日間は毎日この運用に入ってくれた上、この運用は、両駅間を約1時間で行って帰ってくるので、かなりの枚数103系を撮影することが出来ました。
写真は滞在2日目、Feeder運用2往復目のものです。樹木をバックに走る103系8連。戸袋窓もそうですが、8連というのも、いまや国内では環状線と朝夕の大和路線42A+51A運用でしか見られないもの。武蔵野線から103系が撤退してから早10年。小さい頃に東京地下ホームで見た姿をこの年になって撮影でき、感無量です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。