スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

105系春日色・浦神俯瞰

2015.10.29.Thu.01:27
1-06211.jpg
2015/10/22 2332M ヒネSW013編成 紀勢本線 下里~紀伊浦神

381系くろしおがまもなく撤退するとのことで訪れた紀勢本線の西日本末端区間でしたが、単色化の進行によりのこり1編成となった春日色の105系、SW013編成がSF編成の代走をしていたので、これも381系とともに腰を据えて撮影することにしました。
熊野灘を望む海沿いの線路を、遠景からでもよく目立つ春日大社の赤色カラーに身を包んだ元首都圏の通勤電車がのんびりと走ります。国鉄末期に採用されたこの塗装ですが、105系という車両にマッチしているとともに、写真栄えもするなかなかよい色だと思います。仕方のないことですが、無くなるのは残念ですね…
スポンサーサイト

臨時北斗星・小沼ストレート

2015.10.15.Thu.23:24
1-03914.jpg
2015/7/5 8007レ(北斗星) DD51-1148+DD51-1102+24系12B 函館本線 仁山~大沼

国定公園にも指定されている風光明媚なこの大沼界隈。駒ケ岳経由の線路をはさんで西側に位置する小沼をバックに快走する、終焉間近の北斗星です。
ある程度カットは残せたDD51重連牽引の北斗星ですが、例のごとく引退してから、あの撮影地に行っていれば… この撮影地でなんで撮らなかったんだ… という後悔が出てくる今日この頃です。 やはり長編成のブルトレって、ホントに魅力的な被写体でしたね。いつ見てもかっこいいです。

EF66-27・松尾踏切

2015.10.13.Tue.21:00
1-05855.jpg
2015/10/08 1077レ EF66-27+コキ 東海道貨物線 横浜羽沢~相模貨物(茅ヶ崎~平塚)

またも復活したEF66-27。復活後、機会があれば運用を見ては繰り出していましたが、差し替えや急な曇りなどでなかなか思うようなカットが撮れずにいました。
しかしこの日は朝からバリ晴れ。富士山も湘南地区からくっきりと見え、天気予報も終日快晴を告げていました。そして前年度の2089レの流れを引き、編成前部は紙輸送のためフルコンとなる1077レに66-27が充当のこと。大学に行っていられるわけもなく(笑)、光線も良くなってきたであろう松尾踏切へと向かいました。
ベスポジを押さえて待機し、待つこと2時間。曇る心配は一切無く、堂々満載のコキを従えた27号機がやってきました。
ただ被りがヒヤヒヤで、撮影の十秒後には旅客の上り下りが同時に構図の中に入る位置までやってきていました… 話を聞くと、この撮影地で1077レはホントに被りやすいようで… そういった意味でもラッキーでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。