スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6108F・生田バルブ

2016.06.24.Fri.10:56
DSC00106-1.jpg
2016/5/13 4315レ 6108F 小田急小田原線 生田

今春から開始された小田急・千代田線・常磐緩行線の3社相互乗り入れですが、これに伴うダイヤ改正により、営団時代にまでさかのぼる2003年に廃止されたS車の本厚木運用が13年ぶりに復活しました。20日に新木場へ回送された最後の二段窓車である6108Fも、改正後何度か当該運用に入り、一部のコアなファンを歓喜させました。(笑)
私の中で営団6000系というと、幼少のころ町田に住んでいる親戚の家へ行くときに見かける小田急線の準急電車というイメージが強く、しかも本厚木という馴染みある県内の地名を掲げた姿が撮れるとなるとぜひ押さえておきたいもの。この日は狙い目19S運用に6108Fが改正後2度目の充当。無難にバルブのカットを回収することができました。
スポンサーサイト

あいづライナー代走・翁島ストレート

2016.06.20.Mon.14:27
DSC00173-1.jpg
2014/11/11 1212M(あいづライナー2号) センA1+A2編成 磐越西線 翁島~猪苗代

先週末のお別れ運転をもってついに全編成が引退した国鉄色の485系。2年ほど前まで仙台・新潟・大分の各編成が、臨時列車や多客臨・定期列車の代走に使用され、ちょこちょこ撮りに行っていたのも過去の話。とうとう全廃とは時代の流れを感じます。
ラストランのリバイバルシリーズは所用のため参加できず、写真は2年前の秋に撮ったものです。A3+A4編成が検査になるたびに湧き上がっていたのが懐かしいですね。
国鉄特急型のスタンダードがついに日本各地どこへ行っても見られなくなる時代が来るとは、ある意味一つの節目のように感じます。長い間お疲れ様でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。