大村線・松原カーブ

2017.12.01.Fri.15:53
DSC03436-1.jpg
2017/11/27 3233D キハ66-1+キハ67-1 大村線 千綿〜松原

設計当時の近郊型気動車としては異例の転換クロスシートで設計されたキハ66。福北ゆたか線開業により筑豊から長崎地区へ移住してからというもの、風光明媚な大村湾沿岸を走り続けています。
全15編成が在籍する中、トップナンバーと110番ユニットの2編成が国鉄急行色に塗られ目玉となっています。この日は14時過ぎに佐世保を出る列車にトップナンバーのユニットが充当予定ということだったのでこちらの有名撮影地に赴きました。
カーブを曲がり幌の中に光が当たってきたくらいのタイミングでシャッターを下ろしましたが、ちょうど117系のような何とも言えない形状の側面窓が目立たなくなり、いい塩梅の写真になった気がします。
コメント

管理者にだけ表示を許可する