スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神5001形・尼崎面縦

2016.11.07.Mon.10:09
DSC03684-1.jpg
2016/11/2 1369レ 5017F 阪神本線 尼崎

2006年に供用開始された大物~尼崎間の高架化事業によって生まれた本線下り尼崎手前のオーバークロス。近鉄と直通するなんば線の線路をまたぐためのものですが、尼崎駅から急勾配を降りてくる本線列車をきれいに面縦することが出来ます。
実はこのアングル、2015年1月の鉄道ジャーナルに掲載されており、面縦大好きの私は文字通り一目ぼれ(笑) いつかやってみたいと思っていましたが関西遠征の折についに念願叶って昼下がりの尼崎駅先に立つことが出来ました。
姫路行きや三宮行きの優等列車が阪神電車の花形といったところですが私の目的は普通専属の5001形ジェットカー。まさに昔の私鉄然とした地味な顔つきに阪神普通列車の証である紺帯を巻いた姿も相まってかなりシックな印象に仕上がっています。撮っても良い被写体ですが、ジェットカーの名に恥じない素晴らしい加速を体感するにはやはり乗車が一番!今回初めて乗りましたが内装のボロさ…とは相反する加速性能には驚きました。大阪訪問の際にはぜひ乗車をお勧めします(笑)

う5086レ・弥勒寺踏切跡

2016.10.23.Sun.19:47
DSC02007-1.jpg
2015/3/11 う5086レ EF65-2068+コキ 東海道本線 藤沢~大船

ダイヤ改正直前のこの日、改正でなくなるという東海道のE217系を撮影にこちらを訪れると、とくに同業者もおらず拍子抜け(笑)。こんなもん誰も撮らないよなぁ~と思いつつ一人で三脚を据えていると、通過直前におじさんが急ぎ気味で登場。ついに同業来たかと挨拶を交わすと、なんとPFの遅れ貨物が旅客迂回でやってくるとのこと。ツイッターにも情報がとくに上がっておらず何をおっしゃるのかと思っていましたが、E217系を撮って3分後、遠くに2灯のヘッドライトが… 一気に緊張の汗がにじみましたが被りもなく貴重なカットを撮影できました。おじさんに感謝です。
5086レは東海道本線をPF牽引で月曜を除き毎日上り、編成もコキ50000統一。極めつけには近所を走るので私もちょくちょく撮影していますが、後にも先にも日中晴れの条件下で旅客線を迂回したという話は聞いたことがありません。
古く国鉄時代からブルトレの撮影地として名を馳せた弥勒寺。カマの色も違えば牽引するのもコキですが、ここをPF率いる長編成の列車が走る姿は、昔の栄華を思い起こさせるようなすばらしい光景でした。

銚子工臨・稲毛カーブ

2016.09.23.Fri.12:47
DSC05989-1.jpg
2015/10/13 工9485レ(銚子工臨) DE10-1571+ロンチキB編成 総武快速線 津田沼~稲毛

毎年1度あるかないかの銚子行きのロンチキ。首都圏では珍しく(唯一?)、DE10牽引のロンチキを日中に撮影することが出来ます。しかしお世辞にも良い筋とは言えず、ロケーションの良い千葉以遠ではまともな光線で撮れるところは知る限り皆無です。
まだ市街地真っただ中といったところですが稲毛駅北側の大カーブは数少ない順光ポイントの一つで、カーブ中にいくつか撮影地が散在していますが、私は稲毛霊園向かいの高架下をチョイス。接近警報機とホチキスが目障りですが晴天には恵まれ、貴重な列車を無難に押さえることができました。

S-Train・洗馬駅

2016.09.05.Mon.23:42
DSC02517-1.jpg
2016/9/2 4873レ 7460号+S-Train用客車 京釜線 洗馬

海外遠征第3弾として、わずかな日数でしたがお隣の韓国へと行ってきました。
ソウルメトロやKorailの電鉄線など、ソウル近郊の路線は一通り撮りましたが、中でも日本では少なくなった客車列車がひっきりなしに走る光景には胸を打たれました。
写真は2013年に登場した観光列車である、S-Train(南道海洋観光列車)です。当初は慶全線の観光目的で設定されましたが、現在は龍山発の列車は慶全線は通らず湖南線経由の全羅線麗水エキスポへの列車となっており、途中順天で慶全線経由釜山行きのS-Trainと接続は図っているものの、全羅南道全体への観光列車という要素が強くなっています。
S-Trainはムグンファ客車を改造した専用客車とともに、派手な塗装の専用牽引機が特徴なのですが、この日は残念ながら一般塗装の釜が牽引。しかし電車電機ディーゼル問わず急速に前照灯LED化が進むKorail車両の中で残りわずかとなったシールドビーム車が登板。結果オーライでした。

南海6000系・林間田園都市S字

2016.08.17.Wed.19:04
DSC09992-1.jpg
2016/5/12 2708レ 6009F+?F 南海高野線 御幸辻~林間田園都市

オールステンレス構造と南海のケチさ(笑)が幸いし、登場から半世紀以上1両も廃車されていない6000系。同時期に製造された7000系がリバイバル塗装を経て昨年全車引退したのとは対照的です。
片開き4ドアというオールドスタイルの側面がよく出るこの撮影地。運用もなにも分からないまま適当に行ってみましたが、到着1本目に早速お目当てが登場。しかも難波方3両目に先頭車が封じ込まれているオンリーワン組成の6009Fが来てくれました。

EF81貨物・塚山峠定番

2016.07.21.Thu.13:12
DSC06594-1.jpg
2015/11/13 3093レ EF81-721+コキ 信越本線 長鳥~塚山

6月1日をもって運用が終了した富山機関区のEF81。腰回りに入る白線が当機関区の更新機の目印でしたが、個人的には原色よりも引き締まって見えて好きでした。
北陸新幹線開業により一気に減少してしまった北信越地区の被写体。EF81もいないとなると、残るは新潟の115系くらいでしょうか。しかし、2桁モハL1編成や、非ユニット窓込み湘南色のL6編成をはじめとしたオモシロL編成は全滅済み。またこの地へ赴くことは果たしてあるのかな…

6108F・生田バルブ

2016.06.24.Fri.10:56
DSC00106-1.jpg
2016/5/13 4315レ 6108F 小田急小田原線 生田

今春から開始された小田急・千代田線・常磐緩行線の3社相互乗り入れですが、これに伴うダイヤ改正により、営団時代にまでさかのぼる2003年に廃止されたS車の本厚木運用が13年ぶりに復活しました。20日に新木場へ回送された最後の二段窓車である6108Fも、改正後何度か当該運用に入り、一部のコアなファンを歓喜させました。(笑)
私の中で営団6000系というと、幼少のころ町田に住んでいる親戚の家へ行くときに見かける小田急線の準急電車というイメージが強く、しかも本厚木という馴染みある県内の地名を掲げた姿が撮れるとなるとぜひ押さえておきたいもの。この日は狙い目19S運用に6108Fが改正後2度目の充当。無難にバルブのカットを回収することができました。

あいづライナー代走・翁島ストレート

2016.06.20.Mon.14:27
DSC00173-1.jpg
2014/11/11 1212M(あいづライナー2号) センA1+A2編成 磐越西線 翁島~猪苗代

先週末のお別れ運転をもってついに全編成が引退した国鉄色の485系。2年ほど前まで仙台・新潟・大分の各編成が、臨時列車や多客臨・定期列車の代走に使用され、ちょこちょこ撮りに行っていたのも過去の話。とうとう全廃とは時代の流れを感じます。
ラストランのリバイバルシリーズは所用のため参加できず、写真は2年前の秋に撮ったものです。A3+A4編成が検査になるたびに湧き上がっていたのが懐かしいですね。
国鉄特急型のスタンダードがついに日本各地どこへ行っても見られなくなる時代が来るとは、ある意味一つの節目のように感じます。長い間お疲れ様でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。